社会学理論・研究ノート-大昔の偉い人は何を考えたのかー


デュルケム①(社会的事実とは)

フランスの社会学者、エミール・デュルケム(1858~1917)は、コントの後を受けて実証主義の立場に立ち、本格的に社会学を一つの科学として発展させた人物である。

彼は社会的事実を社会学の研究対象として規定し、これをモノとして扱うべきだと主張した。社会的事実とは、個人の心理的事実に還元されることなく、それ自体固有の論理を持って個人に外在し、個人を拘束するものとして存在するものと彼は定義する。
社会内で諸個人が社会からの期待に添うよう行動したり、自己を規制するなかには、「社会の期待に添わねばならない」など社会内の成員に共通に抱かれた意識が存在する。この意識を特に彼は集合意識と呼び、この意識こそが社会的事実の本質であると考えた。
彼の採った立場は多くの支持者を得て、社会学主義と呼ばれるにいたった。そして後の社会学の中心概念のとなる機能主義の礎となったのである。
[PR]
by ksnksociology | 2006-04-06 16:19 | 古典的理論

<< デュルケム②(連帯・自殺論・聖と俗)      H.スペンサー(社会有機体論と... >>

大学院入試・試験用のメモ。底本…公務員試験地方上級・国家Ⅱ種バイブル⑩社会学<新装版>(早稲田経営出版)A.ギデンズ『社会学』第4版(而立書房)など、まだまだ追加予定!
by ksnksociology
カテゴリ
社会学とは何か
創始期の社会学説
古典的理論
20世紀の理論(構造=機能学派)
20世紀の理論(意味学派)
現代の社会学理論
その他の理論
社会的自我の形成
社会的自我の理論
地位・役割・社会成層
文化論
学校教育と文化的再生産
社会変動論
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
今はウーちゃんと一緒にい..
from 旦那様ゴメンナサイ・・・
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧