社会学理論・研究ノート-大昔の偉い人は何を考えたのかー


マートン③(アノミー論と準拠集団論)

彼は社会構造の動態的分析に関心を持ち、アノミーと準拠集団について分析した。

彼のアノミー論は、社会構造と文化構造との区別に端緒を持っている。人々が望む「文化的目標」と、その目標を達成するための「制度的手段」との選択から、「同調」「革新」「儀礼主義」「逃避主義」「反抗」という個人の適応様式5つをあげ、「同調」以外はアノミー的傾向を持つとした。

また、準拠集団とは、集団内の価値や意味づけが自己の評価や態度形成の規準となる、ーすなわち<準拠枠>となるような社会集団のことである。

彼は、準拠集団には行動決定の際の<規範的機能>と、評価基準となる<比較機能>があると指摘した。そして、人々が依拠する準拠集団はその人にとって所属している集団である場合もあるが、、所属していないにしてもその集団を理想としてそれに準拠する事もあると述べた。さらに、人は複数の準拠集団を持ちうるが、それは個人の内部で葛藤を起こす場合もあることを指摘した。

このようにして彼は、社会と人々との関係や作用、すなわち機能という観点から徹底して社会というものを観察したのである。
[PR]
by ksnksociology | 2006-04-13 08:55 | 20世紀の理論(構造=機能学派)

<< ホマンズ(社会的交換理論)      マートン②(機能概念の整備) >>

大学院入試・試験用のメモ。底本…公務員試験地方上級・国家Ⅱ種バイブル⑩社会学<新装版>(早稲田経営出版)A.ギデンズ『社会学』第4版(而立書房)など、まだまだ追加予定!
by ksnksociology
カテゴリ
社会学とは何か
創始期の社会学説
古典的理論
20世紀の理論(構造=機能学派)
20世紀の理論(意味学派)
現代の社会学理論
その他の理論
社会的自我の形成
社会的自我の理論
地位・役割・社会成層
文化論
学校教育と文化的再生産
社会変動論
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
今はウーちゃんと一緒にい..
from 旦那様ゴメンナサイ・・・
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧