社会学理論・研究ノート-大昔の偉い人は何を考えたのかー


ルーマン(自己準拠的社会システム理論)

ルーマン(1927~1998)は普遍的な一般理論として独自の<社会システム理論>の構築を目指した。彼は、構造をあらかじめ前提とするパーソンズの構造=機能主義に疑いを示し、<機能>の観点から始めて<構造>が見出せるという機能=構造主義を唱え、オートポイエティック・システムとして社会システムを理解するよう主張した。

彼は、我々のおかれている場の総体を<世界>と呼び、この世界は<可能性の過多>にあると指摘する。彼はこの可能性の過多にある事態の総体を複雑性と呼ぶ。この複雑性は、可能性という事態を前提とした社会の<不確定>な事態を表している。彼は、この不確定な中に社会システムが創り出され、秩序をもたらすものと考える。

社会システム創出の単純な形は、個人と個人の相互作用に始まる。この時も、不確定な事態は堅持される。それはすなわち、お互いが不確定な存在としてそこにあることを意味する。この事態を彼は二重の不確定性と呼ぶ。このような事態のもと、社会システムが創られ、多様な可能性は制限され、秩序がもたらされるという。そして、この様々な可能性を社会システムによって制限すること、すなわち、秩序付けることを彼は複雑性の縮減と呼ぶのである。


彼が考える社会システムは、自らの要素から自身を再生産し、自身を差異化する。このような独自の論理から彼の理論は自己準拠的社会システム論と呼ばれる。
そして彼は、システムの自己産出という事態を、生物学者マットラーナとヴァレラの提唱したオートポイエーシスという概念を援用し、そこから独自のオートポイエティック・システムとして社会システムを捉える理論を構築した。

また、彼は、<理性>に依拠した伝統的西洋哲学が、<理性啓蒙>と呼ばれ、社会理解にも多大な影響を与えてきたが、もはや理性による社会理解には限界があると指摘し、社会システムの観点から社会を理解しようとする自らの学的営みを<社会学的啓蒙>と呼ぶのである。
[PR]
by ksnksociology | 2006-04-20 02:51 | 現代の社会学理論

<< ハバーマス(批判理論・コミュニ...      ガーフィンケル(エスノメソドロジー) >>

大学院入試・試験用のメモ。底本…公務員試験地方上級・国家Ⅱ種バイブル⑩社会学<新装版>(早稲田経営出版)A.ギデンズ『社会学』第4版(而立書房)など、まだまだ追加予定!
by ksnksociology
カテゴリ
社会学とは何か
創始期の社会学説
古典的理論
20世紀の理論(構造=機能学派)
20世紀の理論(意味学派)
現代の社会学理論
その他の理論
社会的自我の形成
社会的自我の理論
地位・役割・社会成層
文化論
学校教育と文化的再生産
社会変動論
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
今はウーちゃんと一緒にい..
from 旦那様ゴメンナサイ・・・
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧