社会学理論・研究ノート-大昔の偉い人は何を考えたのかー


コントの三段階の法則(law of the three stages)

コントは社会の歴史を「人間の精神(知識)の変化」によって支配されると考える。そしてその精神の発達を、神学的段階(thological stage)形而上学的段階(metaphysical stage)実証的段階(positive stage)の3つの段階をもって説明した。そして、これら精神の発達に応じて社会の状態も変化すると考えた。

最初の段階である神学的段階とは、さまざまな現象を超自然的なものに根拠付けて説明しようとした、いわば虚構の段階である。例えば、原始未開の時期は物神崇拝、古代ギリシャ・ローマでは多神教、中世及びルネッサンスの時代は一神教という形態にみられると彼は指摘する。

第2段階である形而上学的段階とは、何らかの実体ないしは人格化された抽象物を想定し諸現象の説明を試みる科学的説明の段階である。
そして最後の実証的段階とは、諸現象の解明を推論と観察によって行なう科学的説明の段階を指す。

そして、これら3つの精神の発展に対応してそこに見られる社会状態が、それぞれ軍事的状態法律的状態産業的状態である。軍事的状態では軍事的な社会関係を中心とし征服が目的とされ奴隷制が敷かれ、法律的状態では法律的な社会関係のもと法律家が政治を支配することになり、産業的状態では産業家が社会において支配的地位を占めるというものである。このように、コントは精神の発達という観点から社会の変動を説明した。それは人間知性が直線的に進化するという進歩の理念に貫かれた精神史観の一種である。
[PR]
by ksnksociology | 2006-07-02 09:38 | 社会変動論

<< スペンサーの社会進化論      ウィリスの文化的再生産論 >>

大学院入試・試験用のメモ。底本…公務員試験地方上級・国家Ⅱ種バイブル⑩社会学<新装版>(早稲田経営出版)A.ギデンズ『社会学』第4版(而立書房)など、まだまだ追加予定!
by ksnksociology
カテゴリ
社会学とは何か
創始期の社会学説
古典的理論
20世紀の理論(構造=機能学派)
20世紀の理論(意味学派)
現代の社会学理論
その他の理論
社会的自我の形成
社会的自我の理論
地位・役割・社会成層
文化論
学校教育と文化的再生産
社会変動論
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
今はウーちゃんと一緒にい..
from 旦那様ゴメンナサイ・・・
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧